相続と相続手続きの流れ

事前にしっかり考えておきたい遺産の相続

今現在自分のものである財産や借金などは、死後は家族に相続されることになります。

それはなんとなくわかっているとしても、例えば一般的にはどんな順番で優先されるのか、自分の遺志はどこまで聞き届けてもらえるのか……などなど、細かい部分については実は曖昧な知識しかないという方も多いのではないでしょうか。

どんな財産や借金を抱えている人にとっても無視できない相続の問題。終活をする上でも、特に気をつけておきたいところです。

相続の優先順位

遺産を受け継ぐ相続人は、基本的に亡くなった方の家族となります。配偶者は常に相続人となりますが、配偶者以外で一番に優先されるのは子供となります。続いて両親、兄弟姉妹……と優先順位が下がっていきます。

また、例えば子供が先に亡くなっている場合は孫がその立場になったり、両親が亡くなっているけれど祖父母は存命である場合は祖父母が2番目に優先される相続人になったり、兄弟姉妹が亡くなっていればその子供である甥や姪が代わりの相続人となったり……家族が置かれている状況によって少しずつ変化がありますので、まずは自身の家族がどういった状況にあるのかちゃんと把握するところからはじめましょう。

相続人によって相続分は決められている

遺産の相続は、やはり亡くなった方の近親者であればあるほど割当が大きくなります。当然といえば当然のことですね。配偶者も子供も存命の場合、子供がひとりであれば遺産はふたりで半分ずつ受け継ぐことになります。

相続人が亡くなった方の配偶者と両親になるケースでは、配偶者が3分の2、両親が3分の1という割合で分けられます。また、亡くなった方の配偶者と兄弟や姉妹が相続人となると、配偶者が全体の4分の3、兄弟姉妹が4分の1を分け合うことになります。

例えば、子供が複数人いる場合には、配偶者に半分、子供たち全員に半分が割り当てられ、子供たちは割り当てられた半分をさらにひとりずつ均等に分けることになります。亡くなった方の兄弟姉妹と遺産を分けるときも同様で、兄弟や姉妹は遺産全体の4分の1をみんな等しく分け合うのです。

遺言などを特に残していない場合、遺産の相続はこれらの原則に従って行われることになります、常に配偶者は大きな割合で相続することになると覚えておきましょう。

実際の相続は遺産分割協議で決められる

このように民法で優先順位や相続する割合が決められているといってもこれらはあくまで基準、目安となる割合であり、実際には遺産分割協議を行い、そこで誰が何を相続するか具体的なところを決めることになります。

資産は等しく分割して相続できるようなものばかりではないので、相続する権利のある人々全員が納得するよう分割しなければいけないのですね。

また、この遺産分割協議が終わるまでは、遺産の全てが相続人全員の共有物として扱われます。よって誰かひとりが勝手に遺産を処分したり使ってしまったりすることはできない、ということにも注意が必要です。

民法よりも優先される遺言

相続については、生前に残した遺言書があれば民法で定められた優先順位よりもそちらが優先されます。遺言さえあれば遺産の分割について協議することも必要ありませんし、本来配偶者や子供など家族にしか相続されない財産を友人など任意の方に相続してもらうこともできます。

例えばたくさんの遺産が残せるとわかっていても、遺言がなければ遺産分割協議を行い正式に相続が決定するまでその遺産には手をつけられないことになります。自分の遺した財産で葬儀費用などを負担できるよう考えていたとしても、誰にどの程度相続させるかなどきちんと遺言書にして残しておかなければ意味がありません。

また、遺言書は法的に有効なものを用意しなければいけないということにも注意しておきましょう。自分ひとりで書き残したものは、残された家族は尊重してくれるかもしれませんが、法的には効力を持たない文書となってしまいます。財産の相続に関して取り決めておきたいと考えるのであれば、きちんと弁護士などに依頼し正式な遺言書を制作するようにしましょう。

正式な遺言書があっても、相続人全員の合意があれば遺言書の内容よりも遺産分割協議をして分割方法を決めることを優先することは可能です。それでも、自分の意思表示はしっかりしておきたいですね。

「遺産分割協議書」など必要書類を揃えて相続登記の手続きを

遺言書の内容や遺産分割協議における相続人同士の合意を経て、全員が納得したところで「遺産分割協議書」が作られます。そうしてやっと相続登記の手続きが行われ、遺産の相続が完了するのです。

財産を残す方にとってはあずかり知らぬところではありますが、遺産の相続はたくさんの手順や話し合いを経てやっと完了する作業です。

ただでさえ家族が亡くなり精神的にも体力的にも大きな負担を感じているはずの遺族たちが少しでもスムーズに相続できるよう、生前に遺言書などで自分の意思を残しておくのはとても大切なこと。

「終活」にも様々なアプローチがありますが、残す財産がプラスにせよマイナスにせよ、相続問題は特に重視しておきたい部分ですね。

三島尚大

三島尚大終活アドバイザー・カウンセラー

投稿者プロフィール

お墓・相続・保険・葬儀など、終活はでは色々なことを考えなければいけません。遺品整理という仕事を通じで数多くの相談者の皆様から学ばせて頂いた経験を活かして、あなたのこれからの人生をより良くするために、誠心誠意お手伝いをさせていただきます。『自分らしい』生き方を一緒に考えてみましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産の相続は終活として自分で先に終わらせておこう

    不動産の相続のトラブルは、実はあなたが想像するよりもはるかに多いものです。「相続人となる家族や親族は…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ちょっと前までは、亡くなった後のことを考えるなんて「縁起でもない」と忌み嫌われていましたが、今では本…
  2. 関心を集める「終活」、そして「墓友」 「終活」という言葉を見聞きしたことがある方は多いのではな…
  3. なるべく早めに済ませておきたい遺産相続の手続き 遺産の相続なんて、人生のうちで何度も経験するよ…
  4. 「終活」とは 「終活」という言葉を見聞きしたことがある方は多いかと思いますし、またその中でも、…
  5. あなたは自分の葬儀について考えたことはありますか?「まだ元気だし死ぬなんて縁起でもない」と、逆に考え…

ピックアップ記事

  1. 「終活を始めたいけれど何からはじめればいいのか分からない」「そもそも終活ってどんなことをすればいいの…
  2. 「終活」は自分にとっても家族にとっても大切なこと 自分の人生を納得のいく形で終わらせるためにと…
  3. 老後の資金確保は大変! これまでにないほどの高齢社会となった現在。医療も進歩してきたおかげか、…
  4. 65歳以上の高齢者の方が最も事故を起こしやすい場所はどこだと思いますか?高齢者になると運動能力や判断…
  5. 「住まい」にも「終活」が必要なことはご存じでしょうか? 終活というと、葬儀や相続やお墓の事など…
  6. 空き家の整理や片づけには、ある程度のお金がかかるものです。料金の相場は、家の大きさや不用品の量、業者…
  7. 老後の人生をサポートしてくれる存在である「後見人」 今現在は自分ひとり、もしくはパートナーや家…
  8. ちょっと前までは、亡くなった後のことを考えるなんて「縁起でもない」と忌み嫌われていましたが、今では本…
  9. 生前整理の意味とは? 生前整理とは、この文字通り、生きている間に自分の身の回りを整理すること、…
  10. 事前にしっかり考えておきたい遺産の相続 今現在自分のものである財産や借金などは、死後は家族に相…
ページ上部へ戻る