8割の方が利用する葬儀の事前相談とは? 利用者の声とメリットを紹介

あなたは自分の葬儀について考えたことはありますか?「まだ元気だし死ぬなんて縁起でもない」と、逆に考えないようにしている人もいるかもしれません。

しかし近年自分の葬儀に関して事前に相談する人が増加しています。首都圏の葬儀についての情報を発信するある団体が行った調査により、実際に葬儀をした人のうち、生前から葬儀の相談をしていた人は8割にも及ぶことが分かりました。

事前相談をした人の中にはその数日後に逝去してしまったという人もいるのですが、「もっと早くに相談しておけば良かった」と思う人もいるのだそう。普段はあまりお世話になることのない葬儀社ですが、事前相談することにより大きなメリットがあるのです。

漠然とした不安が無くなり、自分の葬儀がイメージできるようになる

他人の葬儀に参列した経験はおそらく誰にでもあると思いますが、いざ自分の葬儀をするとなると疑問や不安が多く出てくるものです。事前相談を利用した人の中にはこんな声があります。

「そもそも何を相談していいのかが分からず漠然とした不安がありましたが、実際に相談したら安心できました」
「パンフレットや写真を見せていただいたり、実際に会場に足を運べたことがとても良かった」
「お金や家庭の事情が絡み友人などには相談できないことも、親身になって話を聞いてもらえた」

当たり前のことですが自分の葬儀を経験した人はいません。だからこそ分からないことも多いのですが、周りの人も経験が無いため参列した葬儀からイメージを膨らませるしかありません。ただそれぞれ置かれた状況が異なるため、同じような葬儀ができるとは限らないのが難しいですよね。

事前相談はそういった分からないことや不安に思う気持ちをぶつけることができる場でもあります。もちろんただ質問に答えてくれるだけではありません。細かな説明と資料と丁寧な解説で自分の葬儀がイメージしやすくなるのは大きな利点なのです。

顔を見て話すことによる安心感、そしてスタッフの対応を知ることができる

葬儀の事前相談は様々な方法があります。朝でも夜中でもいつでも相談できるのはメール、手軽にかけられる電話…、でもやっぱり一番良いのは実際に足を運ぶことです。葬儀の事前相談で担当者と直接顔を合わせることで「この人ならきっと大丈夫、この葬儀社なら大丈夫」と直感で感じた人もいるほど。相談の時点ではなかなか全てのことを理解することは大変ですが、担当者の顔を見て話ができることで大きな安心感を得ることができます。
また葬儀社に足を運ぶことで、担当者以外にもスタッフの様子が分かることは大きなメリットです。ちょっとした心遣いや表情などで、その葬儀社の雰囲気は大体分かるもの。自分の葬儀の際は自分はそこには居られません。大切な参列者に対応する人たちがどのような人なのか、会える機会があることは貴重なことなのです。事前相談で良い対応をしてくれた人たちならば、きっと葬儀の際も気持ち良く皆に接してくれるはずです。

突然訪れる日、でも事前に相談していれば焦る必要はありません

人はいつ死ぬか分かりません。葬儀の事前相談は、終活をしている人をはじめ、体調に不安を感じたり死を身近に感じる機会があり利用する人も多いのですが、実際には準備もしないまま突然亡くなってしまうこともたくさんあります。

そういった場合、家族は悲しみに暮れながらも、葬儀について急いで情報を収集し知人に連絡をしたりと慌ただしく過ごすことになります。結婚式などと違い、葬儀の準備はゆっくりとした時間はありません。本来ならば遺族は故人との最後の時間を静かに過ごしたいのに、葬儀を行うためにその時間すら作ることができないのです。

事前相談では、会場や費用のこと、返礼費や手続きを一通り相談することができ、いざという時に誰に連絡をしてどう対応すればいいのかを教えてくれます。突然死が訪れたとしても、焦る必要が無いということは家族にとってとても有難いことなのです。

信頼できる葬儀社を選ぶために、事前相談は役に立つ

国内に葬儀社は数千社あり、個人事業主の葬儀社も含めるとかなりの数に及びます。葬儀社というのは許認可事業ではなく公式の免許などはないため、様々な企業があるのが現状。新規参入がしやすい業界でもあり、新しい葬儀社も年々増加しています。

だからこそ、その質はピンキリなのです。HPや広告の情報は綺麗な面しか見せないため、それが事実かどうかは分からず、誤解しやすい表現を使って宣伝している企業も残念ながら存在しています。葬儀の事前相談は、どんな葬儀社なのかを知るには最適の機会。葬儀社の品質を確かめたうえで、契約をするかじっくり考えることが可能です。

また事前相談では金額の面でも確認することができます。葬儀社を決めるにあたって費用は重要な点の一つなのですが、簡単には比較できないのが難しい点です。

「予算が無く費用が安いところにしたら、サービスが行き届かないケチなお葬式になってしまった」という経験談も耳にするほど、金額だけで安易に決めることは出来ません。

では何を決め手にすれば良いのか、それは「その葬儀社が本当に信頼できるか」を見抜くことです。事前相談を活用すると、良い葬儀社を選べる目が養われるようになりますよ。

葬儀の事前相談を利用した人の声を聞くと、ほとんどの人が「やって良かった」と口にします。葬儀はそれだけだれもが不安を感じているもの。だからこそ早めに相談をするのに価値があるのです。

もちろん相談をするだけでもOKで、契約をする必要はありません。思い立ったら気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

三島尚大

三島尚大終活アドバイザー・カウンセラー

投稿者プロフィール

お墓・相続・保険・葬儀など、終活はでは色々なことを考えなければいけません。遺品整理という仕事を通じで数多くの相談者の皆様から学ばせて頂いた経験を活かして、あなたのこれからの人生をより良くするために、誠心誠意お手伝いをさせていただきます。『自分らしい』生き方を一緒に考えてみましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 生前整理の意味

    生前整理の意味とは? 生前整理とは、この文字通り、生きている間に自分の身の回りを整理すること、…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 終活では過去を振り返り整理をするとともに、これから先の暮らしについて改めて考える人も多いでしょう。 …
  2. 「終活」という言葉は2008年に週刊朝日が造った言葉です。流行語大賞に二度ノミネートされるなどブーム…
  3. 生前整理について 生前整理を行うことを考えている方や、生前整理のことについて知りたいという方は…
  4. 関心を集める「終活」、そして「墓友」 「終活」という言葉を見聞きしたことがある方は多いのではな…
  5. なるべく早めに済ませておきたい遺産相続の手続き 遺産の相続なんて、人生のうちで何度も経験するよ…

ピックアップ記事

  1. 65歳以上の高齢者の方が最も事故を起こしやすい場所はどこだと思いますか?高齢者になると運動能力や判断…
  2. 「終活」という言葉は2008年に週刊朝日が造った言葉です。流行語大賞に二度ノミネートされるなどブーム…
  3. 生前整理は何をどうすれば? 「生前整理」の必要性や重要さを様々なところで見聞きしているけれど、…
  4. 「住まい」にも「終活」が必要なことはご存じでしょうか? 終活というと、葬儀や相続やお墓の事など…
  5. 「終活」の中で 自身の終わりの時に向けて行う活動のことを「終活」と言います。ここのところ、テレ…
  6. 「終活」はお葬式やお墓のことはもちろん、自分に関わる全てのことを整理し、残りの人生を充実したものにす…
  7. 終活に取り組む人が増えるにつれ、自分の葬儀について生前に考えることはさほど珍しいことではなくなってき…
  8. 生前整理の意味とは? 生前整理とは、この文字通り、生きている間に自分の身の回りを整理すること、…
  9. 関心を集める「終活」、そして「墓友」 「終活」という言葉を見聞きしたことがある方は多いのではな…
  10. 生前整理とは 生前整理というのは、言葉の通り、存命中に身の回りを整理することを言います。この言…
ページ上部へ戻る