カテゴリー:空き家/不動産

  • 不動産の相続は終活として自分で先に終わらせておこう

    不動産の相続のトラブルは、実はあなたが想像するよりもはるかに多いものです。「相続人となる家族や親族は皆仲が良いから大丈夫」そう思っていても、お金が絡むと簡単にはいきません。悲しいことに、相続トラブルがきっかけで醜い争いが…
  • 持家から賃貸へも選択肢の一つ

    終活をするうえで、住む家のことを考えることはごく自然なことです。現在住んでいる家を建てたのは数十年前だとしたら、当時はまだ子どもが小さく、今とは状況が大きく違っていたということも大いにあるでしょう。 子どもが独立し…
  • 終活と不動産の深い関係性

    「終活」はお葬式やお墓のことはもちろん、自分に関わる全てのことを整理し、残りの人生を充実したものにするために行います。終活において忘れてはならないことは、不動産のこと。 家は生活の拠点ともなり、また大きな財産ともな…
  • 後悔しない「終活」と不動産の将来について

    「終活」という言葉は2008年に週刊朝日が造った言葉です。流行語大賞に二度ノミネートされるなどブームを巻き起こしその流れは今も続いています。 同じくよく耳にする「超高齢化社会」とは、国連の定義によると65歳以上の人…
  • 空き家の整理でかかる費用はいくら?実家の遺品整理での料金相場

    空き家の整理や片づけには、ある程度のお金がかかるものです。料金の相場は、家の大きさや不用品の量、業者にどこまで依頼するかによっても大きく差があります。事前に相場を知っておくことで出費を抑えることもできますし、予算を立てる…
  • 空き家掃除・片付けのコツと空き家掃除の業者の選び方

    空き家を所有している人のうち、多くの人が悩むのが「掃除と片付け」です。何とかしないと…と思っているものの、なかなか手を付けられない人も少なくないのではないでしょうか。 空き家はそのまま放置しておくと、敷地内は草だら…
  • 実家の空き家を整理するにはどうしたらいいのでしょうか?

    ここ数年、空き家が増加し問題となっていることが度々ニュースで報道されるようになりました。国土交通省が行った調査によると、調査を行った1万5千人のうち約18%が空き家を所有。7割が一戸建てで、意外にも田舎に比べて市街地の方…

ピックアップ記事

  1. 終活の為のリフォームとは

    ちょっと前までは、亡くなった後のことを考えるなんて「縁起でもない」と忌み嫌われていましたが、今では本…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 遺産を相続する上でとても重要な相続の「順位」 家族が亡くなった場合、自分にはどんな場合でも遺産…
  2. 「住まい」にも「終活」が必要なことはご存じでしょうか? 終活というと、葬儀や相続やお墓の事など…
  3. 終活に取り組む人が増えるにつれ、自分の葬儀について生前に考えることはさほど珍しいことではなくなってき…
  4. 「終活」の中で 自身の終わりの時に向けて行う活動のことを「終活」と言います。ここのところ、テレ…
  5. 案外知らないことも多い遺産の相続 自分が亡くなった後、その財産は家族などに相続されることになり…
  6. 関心を集める「終活」、そして「墓友」 「終活」という言葉を見聞きしたことがある方は多いのではな…
  7. 終活をすると、ご自分の葬儀について考えることも多くなると思います。葬儀は自分が亡くなってからのことで…

ピックアップ記事

  1. 「終活」とは 「終活」という言葉を見聞きしたことがある方は多いかと思いますし、またその中でも、…
  2. 「終活を始めたいけれど何からはじめればいいのか分からない」「そもそも終活ってどんなことをすればいいの…
  3. 生前整理について 生前整理を行うことを考えている方や、生前整理のことについて知りたいという方は…
  4. 空き家の整理や片づけには、ある程度のお金がかかるものです。料金の相場は、家の大きさや不用品の量、業者…
  5. 終活に取り組む人が増えるにつれ、自分の葬儀について生前に考えることはさほど珍しいことではなくなってき…
  6. 生前整理とは 生前整理というのは、言葉の通り、存命中に身の回りを整理することを言います。この言…
  7. 65歳以上の高齢者の方が最も事故を起こしやすい場所はどこだと思いますか?高齢者になると運動能力や判断…
  8. しっかり進めておきたい「終活」 「終活」という言葉は、近頃はテレビやインターネット、雑誌など数…
  9. 関心を集める「終活」、そして「墓友」 「終活」という言葉を見聞きしたことがある方は多いのではな…
  10. ちょっと前までは、亡くなった後のことを考えるなんて「縁起でもない」と忌み嫌われていましたが、今では本…
ページ上部へ戻る