持家から賃貸へも選択肢の一つ

終活をするうえで、住む家のことを考えることはごく自然なことです。現在住んでいる家を建てたのは数十年前だとしたら、当時はまだ子どもが小さく、今とは状況が大きく違っていたということも大いにあるでしょう。

子どもが独立し配偶者に先立たれると、広い家にポツンと残されて、今まで感じることのなかった寂しさを実感するようになります。そんな時、思い切って持家から賃貸に移ることを検討するのはどうでしょうか。賃貸だからこそのメリットもあります。あなたの生活にぴったりの暮らしがそこにあるかもしれません。

持家に住み続けることのデメリットを考えてみる

あなたが持家に住み続ける理由は何でしょうか。高いローンを組みやっとの思いで購入し返済した家ですから、簡単に手放すことはもちろん出来ないでしょう。長年家族が住んだ家には、壁や床に付いた小さな傷の一つすら愛着がわくものです。ローンが払い終えていればその後は家賃のことを考えずに済みますし、細かい修繕費はかかるものの、今後大きな出費が無いのは気持ちとしても楽ですよね。

しかし持家に住むデメリットを考えたことはあるでしょうか。家族で住むことを想定した家は一人で住むには広すぎて、掃除や換気をするにも手間がかかります。余っている部屋は使わないものを押し込みがちで、物は年々増える一方。開かずの部屋ができてしまう家も多いといいます。家の階段は急で年老いた体では上り下りが辛かったり、築年数が増えればそれだけ家の老朽化が進み、住みづらくなってしまっている部分もあるでしょう。草むしりも辛いと感じて、庭の手入れができなくなることもあるかもしれません。
また持家の立地が高齢の身にとってはきつく感じることがあります。駅やスーパー、病院が遠かったり、年をとったことで不便さを感じるようになったことは無いでしょうか。

小さな家が流行?家をコンパクトにすると生活が楽になる

「ダウンサイジング」という言葉をご存知でしょうか。もののサイズを小さくすることにより、効率化が増し費用の削減などが期待できるというものです。シンプルライフや断捨離が好まれるようになった現在、実はこのダウンサイジングを家や生活にあえて取り入れる人が増えているのです。かつてはものは多い方が良い、狭いよりも広い方が良いという考えが当たり前でした。でも今は自分の身にあった小さな暮らしに変えることで心にゆとりができ、40代、50代でもあえて生活をダウンサイジングする人が増加しています。

家がコンパクトになると、やらなくて済むことが増えます。掃除の範囲が減り、全ての部屋を掃除しても時間は半分ほどに。庭が無い家やマンションの暮らしになれば、負担となる庭仕事が無くなり、冬の雪かきも無くなります。不要なご近所づきあいがなくなったことで自分の時間が増え、サークルや趣味の習い事を始められたという声もあります。

家のダウンサイジングに合わせて車を手放す人も多いのですが、利便性を考慮した立地の家を選べば生活は困りません。電車を利用することでお酒を楽しめるようになり、新たな夫婦の時間を作れるようになったケースもあります。

困ってから家を探すよりも今のうちに

自分は今のままの暮らしを続けていたかったのに、状況が変わって急きょ家を探すことになったというのはよくある話です。突然の体調の悪化で今の家が住みづらくなり子どもの家に移り住むことになったり、郊外での一人暮らしが高齢の身には耐えられなくなったり。車の運転ができなくなったことで一気に引きこもりになったという人もいます。

切羽詰まった状態で改めて家を探すのは、冷静な判断ができないことが多くお勧めすることができません。高齢になってからの家探しは、本来最後の暮らしを決める重要なこと。充分に比較検討をして家族の意見を聞いたうえで決めることが最善の方法です。また持家を手放すのであれば、しなければならない手続きや確認しなければならない項目がたくさんあります。

今のうちに整理しておけば家族も困りませんし、すっきりとした状態で最後の生活を楽しむことができます。心残りなく残りの人生を楽しむということが終活。家を替えるベストタイミングは今なのかもしれません。

高齢でも契約は出来る?高齢者にやさしい賃貸物件はあるの?

賃貸を考える時に、どうしてもネックとなるのは高齢者は契約がしづらくなるという点です。入居者が亡くなれば物件の価値が下がることは避けられませんし、保証人が見つからないという場合も少なくありません。大家からすれば、一度契約をしてしまうと状況が変わった時に入居者を追い出すことができないなどのリスクがあるため、契約が慎重になるのです。

高齢者の契約のしやすさで考えると、サービス付き高齢者向け住宅を検討するのも良いと思います。家賃が安い物件は競争率が高くなっていますが、近年は物件数が増えているため比較的見つかりやすくなってきました。自立している状態はもちろんですが、軽度であれば要介護状態になっても住み続けることが可能。

スタッフが常駐していることで、生活面などの相談はいつでもでき、必要に応じてサポートも受けられます。またシニア向け分譲マンションが増えていますが、その一部を賃貸物件としているところもあります。バリアフリー完備で暮らしやすく共有スペースも充実していることがメリットです。

持家から解放されることで見えてくる新しい暮らしがあります。選択肢の一つとして考えてみるのも良いのではないでしょうか。

三島尚大

三島尚大終活アドバイザー・カウンセラー

投稿者プロフィール

お墓・相続・保険・葬儀など、終活はでは色々なことを考えなければいけません。遺品整理という仕事を通じで数多くの相談者の皆様から学ばせて頂いた経験を活かして、あなたのこれからの人生をより良くするために、誠心誠意お手伝いをさせていただきます。『自分らしい』生き方を一緒に考えてみましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 空き家掃除・片付けのコツと空き家掃除の業者の選び方

    空き家を所有している人のうち、多くの人が悩むのが「掃除と片付け」です。何とかしないと…と思っているも…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 介護付き有料老人ホームは、基本的に65歳以上が入居できる施設で、24時間介護サービスが受けられ医療ケ…
  2. 「終活を始めたいけれど何からはじめればいいのか分からない」「そもそも終活ってどんなことをすればいいの…
  3. 「終活」はお葬式やお墓のことはもちろん、自分に関わる全てのことを整理し、残りの人生を充実したものにす…
  4. 終活に取り組む人が増えるにつれ、自分の葬儀について生前に考えることはさほど珍しいことではなくなってき…
  5. 事前にしっかり考えておきたい遺産の相続 今現在自分のものである財産や借金などは、死後は家族に相…

ピックアップ記事

  1. 案外知らないことも多い遺産の相続 自分が亡くなった後、その財産は家族などに相続されることになり…
  2. 空き家の整理や片づけには、ある程度のお金がかかるものです。料金の相場は、家の大きさや不用品の量、業者…
  3. 関心を集める「終活」、そして「墓友」 「終活」という言葉を見聞きしたことがある方は多いのではな…
  4. なるべく早めに済ませておきたい遺産相続の手続き 遺産の相続なんて、人生のうちで何度も経験するよ…
  5. 「終活」という言葉は2008年に週刊朝日が造った言葉です。流行語大賞に二度ノミネートされるなどブーム…
  6. ちょっと前までは、亡くなった後のことを考えるなんて「縁起でもない」と忌み嫌われていましたが、今では本…
  7. 生前建墓とは 生前建墓というのは、読んで字の通り、生きている間に自分のお墓を建てる行動や考え方…
  8. 老後の資金確保は大変! これまでにないほどの高齢社会となった現在。医療も進歩してきたおかげか、…
  9. 生前整理について 生前整理を行うことを考えている方や、生前整理のことについて知りたいという方は…
  10. 「住まい」にも「終活」が必要なことはご存じでしょうか? 終活というと、葬儀や相続やお墓の事など…
ページ上部へ戻る