空き家の整理でかかる費用はいくら?実家の遺品整理での料金相場

空き家の整理や片づけには、ある程度のお金がかかるものです。料金の相場は、家の大きさや不用品の量、業者にどこまで依頼するかによっても大きく差があります。事前に相場を知っておくことで出費を抑えることもできますし、予算を立てることで自力でどこまでやるか決めやすくなります。

実家の遺品整理は思い出が詰まってなかなかできない…そう考える人もいると思いますが、そのまま放置することで逆に出費が大きくなってしまうケースも。費用を知り何にどれくらいお金がかかるかシミュレーションすることで、整理後のイメージもより明確になるはずです。

自分で整理する場合にかかる費用はどれくらい?

実家の遺品整理を自分で行うなら人件費などはもちろんかかりません。しかしタダで全てを片付けることは不可能と考えておくべきです。
可燃ゴミや不燃ゴミで出せないものは粗大ゴミ回収料金がかかります。この粗大ゴミ回収費用はそれぞれの自治体で料金が異なります。

小さめの粗大ゴミは一つにつき300円から、大きめの家具などは一つにつき1,000円から2,000円程度かかります。回収の申し込みをする時に、回収日と回収する指定の場所を確認しておきましょう。

またテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの4種類の家電は「家電リサイクル法」において処分方法が定められています。通常の粗大ゴミのような回収は行っておらず、「自分で指定の引き取り場まで持参する」か、「家電量販店に引き取ってもらう」かの二択になります。

自分で持ち込む場合はリサイクル費用として1,500円から5,000円程かかり、家電量販店に引き取ってもらう場合は、リサイクル費用に加えて収集運搬費用が2,000~3,000円程加算されます。

業者に依頼すると料金は2倍…だけどやっぱり楽!

上記で説明した通り、自分で片付けてもある程度の費用はかかります。
遺品の量によって費用に大きな差がありますが、3LDKの家で物が少なめのケースで考えてみましょう。

粗大ゴミで回収できるゴミ1,000円×50個=50,000円
家電5,000円×5個=25,000円
合計75,000円になります。
その他、軍手やゴミ袋、掃除用具などの雑費が5,000円かかったとすれば8万円です。

業者に依頼する場合は、業者によって料金の設定が異なります。家を見てもらい見積りを出してもらって初めて明確な料金が分かるのが一般的。遺品整理業者の場合の目安は、3LDKで15万円から。物が多ければその分費用は上乗せされるため、大体2倍かかります。

ただ自分で行う場合は人手が必要であることと、最低でも丸一日、状況によっては何日もかかり、正直言ってとても大変です。業者に依頼すれば費用はかかりますが、何といっても楽。プロの手で作業を行いますので、非常に段取りが良く短時間で整理が完了します。

料金相場は業者によって違う、どこが安いの?

業者に依頼する場合は、どの業者に依頼するかによって相場は異なります。

依頼する内容が多いほど料金は高くなりますが、もともと高い料金設定の業者はサービス内容も広くなる傾向です。例えば掃除に特化したハウスクリーニング業者や、ゴミの回収や処分に特化した不用品回収業者・ゴミ屋敷専用業者は、強みとなる分野は徹底的に行いますが、遺品整理までは行いません。

ただ費用は比較的安く済みますので、自分でどこまで整理を出来るかを考えて依頼するのはアリだと思います。
実家の空き家整理に強いのは、やはり遺品整理(生前整理)業者です。整理や片づけに必要なことは全て依頼することができ、作業も丁寧。細かい仕分けも得意としています。

ただ費用は割高です。予算があり所有者が片づけられない状況なら、高くても依頼する価値は大いにあるでしょう。

悪質な業者に要注意!複数の業者に相見積もりを取ること

近年空き家が増え、遺品整理を業者に依頼したいと考える人が増えたことにより、整理を行う業者の数も急増しています。ただ全ての業者が納得できる価格で素晴らしいサービスをしているとは言えず、悪質な業者も存在するのが事実です。

見積りの依頼は必ず数社にお願いをし、所有する空き家の状況でどれくらいの費用が相場となるのか依頼主が知っておくことがとても大切です。同じ条件であっても、業者によって価格が異なることが分かりますし、異常に高い見積りを提示した業者はこの時点で避けることができます。

ただ一部の悪質な業者は、最初の見積もりから作業後に追加料金を請求するといった手段に出ることがあります。見積りをする時点で不明点や疑問は全てぶつけるようにしましょう。料金システムがはっきりしていて、空き家の整理の実績が豊富、対応するスタッフが丁寧に説明してくれる業者を選ぶことが悪質な業者に騙されないコツです。

費用を抑えるために、出来ることは自分で

空き家整理を業者に依頼するうえで費用を少しでも安くするには、出来る範囲で自分で整理を行うことです。ゴミの量が減ればそれだけ処分する量が減り費用が抑えられます。リサイクルショップなどで不用品を売ることができれば、その分を整理費用にあてられますし、例え値が付かなくても不用品を引き取ってくれれば処分料を浮かせることができます。

知人に譲れるものがあれば譲り、地域のサイトや地自体のコミュニティで譲る旨を発信しても良いですね。

また自治体によっては空き家の解体やリフォームに対して助成する制度を設けているところもありますので、忘れずに確認を。

空き家の整理や片づけ、実家の遺品整理には費用がかかります。ただ情報を集めてしっかり準備をすれば安くすることも可能です。自分ができることと業者にお願いすることのバランスをとって、納得できる金額で整理ができると良いですね。

三島尚大

三島尚大終活アドバイザー・カウンセラー

投稿者プロフィール

お墓・相続・保険・葬儀など、終活はでは色々なことを考えなければいけません。遺品整理という仕事を通じで数多くの相談者の皆様から学ばせて頂いた経験を活かして、あなたのこれからの人生をより良くするために、誠心誠意お手伝いをさせていただきます。『自分らしい』生き方を一緒に考えてみましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 終活セミナーで葬儀への理解を深めよう!

    「終活を始めたいけれど何からはじめればいいのか分からない」「そもそも終活ってどんなことをすればいいの…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 終活をするうえで、住む家のことを考えることはごく自然なことです。現在住んでいる家を建てたのは数十年前…
  2. 介護付き有料老人ホームは、基本的に65歳以上が入居できる施設で、24時間介護サービスが受けられ医療ケ…
  3. 遺産を相続する上でとても重要な相続の「順位」 家族が亡くなった場合、自分にはどんな場合でも遺産…
  4. あなたは自分の葬儀について考えたことはありますか?「まだ元気だし死ぬなんて縁起でもない」と、逆に考え…
  5. 空き家の整理や片づけには、ある程度のお金がかかるものです。料金の相場は、家の大きさや不用品の量、業者…

ピックアップ記事

  1. 生前整理を行うこと 家族や親族などの遺される人の負担を減らすために、存命中に自分や親の身の回り…
  2. 老後の資金確保は大変! これまでにないほどの高齢社会となった現在。医療も進歩してきたおかげか、…
  3. 65歳以上の高齢者の方が最も事故を起こしやすい場所はどこだと思いますか?高齢者になると運動能力や判断…
  4. 老後の人生をサポートしてくれる存在である「後見人」 今現在は自分ひとり、もしくはパートナーや家…
  5. なるべく早めに済ませておきたい遺産相続の手続き 遺産の相続なんて、人生のうちで何度も経験するよ…
  6. 終活では過去を振り返り整理をするとともに、これから先の暮らしについて改めて考える人も多いでしょう。 …
  7. 自身や家族の方が余命宣告をされたとしたら もしも自身や家族の方が医師から余命宣告を受けたら………
  8. 空き家の整理や片づけには、ある程度のお金がかかるものです。料金の相場は、家の大きさや不用品の量、業者…
  9. 終活をすると、ご自分の葬儀について考えることも多くなると思います。葬儀は自分が亡くなってからのことで…
  10. 「終活」の中で 自身の終わりの時に向けて行う活動のことを「終活」と言います。ここのところ、テレ…
ページ上部へ戻る