実家の空き家を整理するにはどうしたらいいのでしょうか?

ここ数年、空き家が増加し問題となっていることが度々ニュースで報道されるようになりました。国土交通省が行った調査によると、調査を行った1万5千人のうち約18%が空き家を所有。7割が一戸建てで、意外にも田舎に比べて市街地の方が空き家が多い傾向にあることが分かりました。

空き家を所有する人で、賃貸や売却を考えている人は24%で、71%の人は放置している状態、残りは管理すらできていない人という内訳です。

家に人が住まないと、どんどん家は廃れていきます。処分をためらい放置しておくと、家の価値も確実に下がってしまうのです。景観が悪くなった家は、悪影響を及ぼします。近隣に住む人が困った挙句に自治体に相談、そこから空き家の所有者に「何とかしてほしい」と連絡をするケースもとても多くなっているのです。

様々な事情があり空き家に…まずは所有者が気持ちの整理を付けて

家が空き家になるには様々な要因があります。一番多いのは実家が空き家になるケースでしょう。今まで住んでいた両親が亡くなったことで空き家になり子どもがそのままにしてしまうのです。たくさんの思い出が詰まった家。片付けようと思っても両親のことや昔の情景が頭をよぎってしまい、処分をためらう気持ちはよく分かります。現実的な問題もあるでしょう。

例えば売却するにしても、立地条件が良いなど住みたいと思うような環境や状態に無ければ、納得のできる価値を認められない場合も少なくありません。また空き家を壊して更地にすることで固定資産税が上がってしまうため、「とりあえずはこのまま」と考える人も多いのです。

更地から改めて家を建てようと思っても、現在の建築基準法では同じ敷地に小さな建物しか建てられないといったこともあります。

空き家にしておくことは、メリットよりもデメリットの方が多くあるのが事実です。きちんと整理をすることは家のため、そしてあなたや家族のためでもあるのです。

空き家の整理方法は2種類!家族でする?業者に依頼をする?

空き家を整理する方法は大きく分けて二つあります。

一つ目は所有者である家族で整理をする方法です。実家の大きさによっては、作業するのに一人二人では難しいこともあります。人数は多ければ多いほど良いですし、気持ちの整理も付きやすくなります。一日で終わらせようとせずに、数日間かかると想定して作業をすると良いでしょう。

大型の家具などはゴミ回収日にそのまま出せないため、事前に自治体に回収方法や回収日の確認を。高価なものが多いと思われるのなら、リサイクルショップや質屋をチェックしておくとスムーズです。

二つ目は業者に整理を依頼する方法です。最近は空き家の整理を行う専門業者が増えていますので、まずは相談をしてみましょう。空き家の整理に人手や時間がさけないなら、業者に任せた方が効率よく短時間で整理をすることが可能です。遺品の整理を兼ねるなら相続に関する確認も必要ですので、専門知識のあるスタッフに相談できることは大きな利点です。

ただ業者に依頼をするには費用が必要となります。業者に依頼する前に、出来る範囲で不要なゴミは捨てておくだけでも多少の節約になります。複数の業者に見積りを依頼することで、納得できる料金とサービスを提供してくれる業者に依頼することができるでしょう。

両親が生存中に空き家となった場合の注意点

実家の空き家の場合、住んでいた両親の現在の状況によっても整理の対応が異なります。例えば親が老人ホームに入居したり、子どもと同居することになった場合も、実家をそのままにしておくのなら空き家となります。

両親が来られなくても定期的に子どもが家の掃除をしたり換気や草むしりなどが出来るのならば問題はありませんが、放置しておくと資産価値が減り、後になって損をすることもあるのです。
両親がその家に住まなくなってから3年目が経過する年の12月31日までに売却できれば、譲渡の所得から最高で3000万円控除できる「(居住用財産の)3000万円特別控除」が利用できますし、放置して荒れた状態から更地にするには解体費が余計にかかることもあります。

賃貸にする場合も、時間が経てば経つほどリフォームの必要性も高くなるでしょう。

両親が既に亡くなっている場合に確認したいこと

家の所有者である両親が亡くなっている場合は、家の相続をどうするのかをはっきりさせておく必要があります。相続税が発生する場合、相続してから10カ月以内に申し出なければなりません。また相続後の3年10カ月以内に家を売却すると、住民税や譲渡所得税が軽減される「相続性の所得費加算の特例」が利用できます。

実家の売却による利益(譲渡所得)は、譲渡による収入から所得費と譲渡費用を引いたもの。「所得費加算の特例」が利用できると所得費用が増えるため、譲渡所得が減りますよね。譲渡所得が減れば所得税も減るため、負担が軽くなるのです。

相続人とどう財産を分割するのか、隣家の境目や登記が曖昧になっていることもあり、はっきりさせなければならない事項もあります。空き家となったまま放置しておいても固定資産税は払わなくてはなりません。

空き家の整理は後回しにしないこと

実家の空き家の整理は手間がかかりますし、確認すべきことも山ほどあります。ついつい後回しになってしまい、気づけば数年、数十年放置なんてこともあるかもしれません。早めに家族で話し合ってことは大切なこと。業者や専門家の力を借りつつ、出来る限り早く実家の整理に取り掛かりましょう。

家も両親にとっても、長い目で見ればそれが一番良いことなのです!

三島尚大

三島尚大終活アドバイザー・カウンセラー

投稿者プロフィール

お墓・相続・保険・葬儀など、終活はでは色々なことを考えなければいけません。遺品整理という仕事を通じで数多くの相談者の皆様から学ばせて頂いた経験を活かして、あなたのこれからの人生をより良くするために、誠心誠意お手伝いをさせていただきます。『自分らしい』生き方を一緒に考えてみましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分のお墓について事前に考えておくべきこと

    「終活」の中で 自身の終わりの時に向けて行う活動のことを「終活」と言います。ここのところ、テレ…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 生前整理の意味とは? 生前整理とは、この文字通り、生きている間に自分の身の回りを整理すること、…
  2. 「終活」の中で 自身の終わりの時に向けて行う活動のことを「終活」と言います。ここのところ、テレ…
  3. 自身や家族の方が余命宣告をされたとしたら もしも自身や家族の方が医師から余命宣告を受けたら………
  4. 介護付き有料老人ホームは、基本的に65歳以上が入居できる施設で、24時間介護サービスが受けられ医療ケ…
  5. 生前整理について 生前整理を行うことを考えている方や、生前整理のことについて知りたいという方は…

ピックアップ記事

  1. 空き家の整理や片づけには、ある程度のお金がかかるものです。料金の相場は、家の大きさや不用品の量、業者…
  2. 終活では過去を振り返り整理をするとともに、これから先の暮らしについて改めて考える人も多いでしょう。 …
  3. 「終活」はお葬式やお墓のことはもちろん、自分に関わる全てのことを整理し、残りの人生を充実したものにす…
  4. 自身や家族の方が余命宣告をされたとしたら もしも自身や家族の方が医師から余命宣告を受けたら………
  5. 「終活」の中で 自身の終わりの時に向けて行う活動のことを「終活」と言います。ここのところ、テレ…
  6. 生前整理の意味とは? 生前整理とは、この文字通り、生きている間に自分の身の回りを整理すること、…
  7. 老後の人生をサポートしてくれる存在である「後見人」 今現在は自分ひとり、もしくはパートナーや家…
  8. 案外知らないことも多い遺産の相続 自分が亡くなった後、その財産は家族などに相続されることになり…
  9. 終活として考えるお墓選び 「終活」という言葉を見聞きしたことのある方は多くいることと思います。…
  10. 生前整理とは 生前整理というのは、言葉の通り、存命中に身の回りを整理することを言います。この言…
ページ上部へ戻る